カテゴリー別アーカイブ: 海外旅行

シンガポールに入国


シンガポールに入国

入国に際してまずは、シンガポールドルと通信環境を確保

シンガポールドルは、ATMで出金しようと思いHSBCのATMでシティバンクのキャッシュカードを使用しましたが、何故か指定された銀行と通信できませんとのこと

諦めて、手持ちの米ドルを両替窓口で交換

更に通信環境をと言うことでプリペイドSIMを入手へ
RHB Bankに両替カウンターではSingTelのプリペイドSIMを取り扱っていたので、すぐに入手出来ました

IMG_0918

代表的なものは
通常orMicro SIM 3G用 28SGD
nano SIM 4G用 38SGD
プランは以下の物で共通

IMG_0919

私は、香港版SIMフリーiPhone5を使用のためnano SIM 4G用を購入。無事4Gで通信&テザリング可能で通信環境も確保

 

F1シンガポールGPのチケット


シンガポールGPのチケットも恒例の http://tickets.formula1.com/ にてチケットを確保
候補は以下のチケット

PADDOCK CLUB 8,431.09US$
Turn1,2,3 Pit Straight共通
Sky Suite 7,290.41US$
Club Suite(Turn3は無し) 5,703.39US$
Green Room(Turn3のみ) 3,917.98US$
Premier Stand(Turn3のみ) 1,972.67US$

悩んでいる間に、PADDOCK CLUB、Tun3のSky Suite・Premier Stand、Pit StraightのClub Suite以外売り切れになってしまい、今シーズンは、ある程度結果が見えているので、Turn3のPremier Standに決定

<追記>
今回はユーロ決済でした

F1カナダGP


カナダGPは、Paddock Club(約5,000US$)にて観戦

DSC00147

華やかなラウンジが待っています

各チームのゲスト向けの席は、それぞれの特色があります

DSC00148

こちらはウィリアムズ

DSC00149

こちらはROLEX

私は個人なので、お料理のメニュー等は同様ですが、特におみやげ等は用意されていません。

また、フェラーリやメルセデスなどビッグチームは、専用のゲストルームが設置されています。

<追記>
今回はドル決済でした

2014 F1Grand Prix開幕


2014年 F1がオーストラリアのメルボルンで開幕しました。
今回は Chicane Pavilion Upper(約3,300US$) の席をhttp://tickets.formula1.com/ にて購入
人数の割に狭いバルコニーのため、ほとんど立ってか下にあるスタンドでの観戦
下のスタンドで見るのであればUpperにする必要は無いという悲しい結果に・・・

2014Australia_start
(写真はそのスタンドからの撮影)
次回は Jones Grandstand の上にあったラウンジかPaddock Clubでの観戦とします。

<追記>観戦チケットはドル決済を期待していましたが、ユーロ決済でした。