F1 Paddock Clubとは(1)


F1 Paddock Clubとは

■どこにある?
ほぼピット上にあり、ピットを見下せます。
そして、その先にはホームストレートが見られるというのが一般的です。
バレンシアでは、ピット上は一部のブースに限られていて、中洲にも設置されていました。

各ブースからバルコニーに出て観戦となりますが、バルコニー以外にも、観戦スポットが用意されていることがあります。

■どんな種類がある?
・フェラーリ、メルセデスなどビッグチームは専用のブースを設定しています。
・中堅以下のチームや個人でチームとは別に購入した場合は、共用のブースになります。

■チケットはどうやって手に入れる?
・各チームから招待を受ける
・各チームから購入する
こちらは、フェラーリやメルセデスであるようです
メルセデスオーナーには2014の鈴鹿の勧誘がありました
F1公式サイトから購入する
・各グランプリ毎のチケット販売サイトから購入する
以前確認した所、鈴鹿は専用のブースになり、オリジナルのグッズもあるようです
その分F1公式サイトより、若干高くなっているようです

私は、いつもF1公式サイトから購入しています。

■購入する場合、いくらぐらい?
おおよそ、4,500USD〜5,000USD位のようですが、シンガポールなど一部は8,500USD〜9,000USD位のところもあります。
2日券と3日券があります。

■購入した場合、チケットは送られてくる?
レースによってまちまちのようですが、以下の2通りがあるようです
・購入時に発行されるバウチャー(引換証)を持って、現地のチケット交換所で入手する
・航空便で送られてくる(今まではすべてDHLでした)
レース直前に購入した場合、宿泊先のホテルに届けてくれることもあるようです。
この場合は、郵送料は払い戻しされました。

※鈴鹿、バレンシア、シルバーストン、モントリオールでの経験を元に記述しているため、事実と異なる場合があります